教育理念
 「病院医療憲章」を基盤として、北斗会看護専門学校は看とりの『学・術・道』を教育理念とする。具体的には学生自身が専門職業人としての自己の身体的・精神的・社会的成長をめざして、あらゆる事に関心をもち、主体的に考え、行動し、判断できる能力がもてること。また、他者への思いやりのある人間関係が築けることをめざす。
 また、生命の尊厳と人間愛を基礎にし、対象の生活に視点をあて、健康に関連したニーズの充足が援助できるために必要な知識・技術・態度を教授し、地域社会に貢献できる人材を育成する。
教育目的
 本校は看護師に必要な知識・技術・態度を教授し、豊かな人間性を育み、広く社会に貢献できる人材を育成する。
教育目標
1.人間を身体的・精神的・社会的に統合された存在として幅広く理解する能力を養う
2.人々の信念や多様な価値観を認識し、思いやりのある共感的態度を養う
3.人々の健康上の問題を解決するために科学的根拠に基づいた看護を実践できる能力を養う
4.生命と人権を尊重でき、調和のとれた幅広い人間性を養う
5.専門職業人としての自覚と責任をもち、主体的に学習する態度と常に看護を探究する姿勢を養う
6.総合保健医療チームの一員として看護の役割を認識し、地域社会の保健・医療・福祉に貢献できる能力を養う